ball_green.gif

上 映 日 程

ball_green.gif

 

1987、ある闘いの真実

「ファイ 悪魔に育てられた少年」のチャン・ジュナン監督が、韓国民主化闘争の実話を描いた社会派ドラマ。

1987年1月、全斗煥大統領による軍事政権下の韓国。南営洞警察のパク所長は北分子を徹底的に排除するべく、取り調べを日ごとに激化させていた。そんな中、行き過ぎた取り調べによってソウル大学の学生が死亡してしまう。警察は隠蔽のため遺体の火葬を申請するが、違和感を抱いたチェ検事は検死解剖を命じ、拷問致死だったことが判明。さらに、政府が取り調べ担当刑事2人の逮捕だけで事件を終わらせようとしていることに気づいた新聞記者や刑務所看守らは、真実を公表するべく奔走する。また、殺された大学生の仲間たちも立ち上がり、事態は韓国全土を巻き込む民主化闘争へと展開していく。

 

監督/

出演/

と き

ところ

じかん

 7月22日(月)

埼玉会館 小ホール

①10:30 ②14:00 ③18:30

 

誰がために憲法はある

芸人・松元ヒロが舞台で演じ続けている1人語り「憲法くん」をベースに、日本国憲法とは何かを改めて見つめなおすドキュメンタリー。戦後35年目にあたる1980年、初恋の人が疎開先の広島で原爆により亡くなっていたことを知った女優の渡辺美佐子が中心メンバーとなり、ベテラン女優たちと33年にもわたり続けてきた原爆朗読劇が2019年で幕を閉じる。鎮魂の思いを込めて全国各地を回り公演を続けてきた女優たちのそれぞれの思いが語られるほか、日本国憲法の大切さを伝えるために日本国憲法を擬人化し、松元ヒロにより20年以上も演じ続けている1人語り「憲法くん」を、19年で87歳になる渡辺美佐子が、戦争の悲劇が二度とこの国に起こらないよう、魂を込めて演じた様子が収められている。監督は「止められるか、俺たちを」の脚本や、ドキュメンタリー「大地を受け継ぐ」を手がけた井上淳一。

 

監督/井上淳一 「憲法くん」作/松元ヒロ 製作/馬奈木厳太郎

出演/渡辺美佐子 高田敏江 寺田路恵 大原ますみ 岩本多代

    日色ともゑ 長内美那子 柳川慶子 山口果林 大橋芳枝

 

と き

ところ

じかん

9月20日(金)

 埼玉会館 小ホール

①10:30 ②14:00

9月25日(水)

 川口SKIPシティ 映像ホール

①10:30 ②14:00

 

アオギリにたくして

「アオギリの語り部」と呼ばれ、広島平和記念公園にある被爆したアオギリの木の下で子どもたちに被爆体験を語り続けた被爆者の故・沼田鈴子さんをモデルに、原爆で片脚を失い、婚約者にも戦死されてしまった女性が、絶望のどん底から這い上がり、平和の語り部として生きる決意を抱いていく姿を描いた人間ドラマ。広島で被爆したアオギリの苗を植樹する活動を広めた田中節子という女性に興味を抱いた雑誌ライターの片桐千草は、取材中に知り合った節子の妹から節子がつづった日記を預かるが、そこには原爆で脚を失った女性の苦しみが克明に記録されていた。

 

企画/中村里美 製作/中村里美 伊藤茂利 脚本・監督/中村柊斗

出演/原日出子 渡辺裕之 風見しんご 斉藤とも子 菅井玲 甲斐将馬 塩出純子 他

と き

ところ

じかん

 8月 7日(水)

所沢市・新所沢公民館 ホール

①10:30 ②14:00 ③18:30

 

あの日のオルガン

第2次大戦末期に保母(保育士)たちが幼い園児たちとともに集団で疎開し、東京大空襲の戦火を逃れた「疎開保育園」の実話を戸田恵梨香と大原櫻子の主演、山田洋次作品の多くで脚本、助監督を務めてきた平松恵美子の監督、脚本により映画化。

1944年、第2次世界大戦末期の東京。警報が鳴り、防空壕に非難する生活が続く中、品川の戸越保育所では園児たちの安全を確保するため、保母たちが保育所の疎開を模索していた。ようやく受け入れ先として見つかった埼玉の荒れ寺で疎開生活をスタートした若い保母たちと園児たちは、日々噴出するさまざまな問題に直面しながらも、互いに励ましあいながら奮闘していく。戸田が保母たちのリーダーとなる板倉楓役を、大原が天真爛漫で音楽好きな保母の野々宮光枝役をそれぞれ演じる。

 

原作/久保つぎこ 脚本・監督/
出演/戸田恵梨香 大原櫻子 佐久間由衣 三浦透子 堀田真由 福地桃子 白石糸 他
ホール上映いよいよスタート!

と き

ところ

じかん

7月26日(金)

蓮田市総合文化会館

ハストピア

どきどきホール

7/26~7/28

   ①10:00 ②13:00 ③15:45 ④18:30

7月27日(土)

7月28日(日)

7月29日(月)

7/29 ①10:00 ②13:00 ③15:45

9月27日(金)

 桶川市民ホール

①10:30~ ②14:00~ ③18:30~

9月28日(土)

 さいたま文学館

①10:30~ ②14:00~ ③18:30~

 

親 子 映 画

若おかみは小学生!

累計発行部数300万部を誇る人気児童文学シリーズ「若おかみは小学生!」をアニメーション映画化。

小学6年生の女の子おっこは交通事故で両親を亡くし、祖母の経営する旅館「春の屋」に引き取られる。旅館に古くから住み着いているユーレイ少年のウリ坊や、転校先の同級生でライバル旅館の跡取り娘・真月らと知り合ったおっこは、ひょんなことから春の屋の若おかみの修行を始めることに。失敗の連続に落ち込むおっこだったが、不思議な仲間たちに支えられながら、次々とやって来る個性的なお客様をもてなそうと奮闘するうちに、少しずつ成長していく。

 

原作/令丈ヒロ子 亜沙美(絵) 脚本/吉田玲子 監督/
声の出演/

と き

ところ

じかん

 7月 6日(土)

 越谷市中央市民会館 劇場

①10:30~ ②14:00~

 7月13日(土)

 さいたま市民会館うらわ ホール

①10:15~ ②13:45~

10月 5日(土)

 小鹿野文化センター ホール

①14:00~

10月12日(土)

 吉川市民交流センター ホール

①10:30~ ②13:30~

11月 9日(土)

 志木市いろは遊学館 ホール

①10:30~ ②13:30~

11月10日(日)

 熊谷市立勤労会館 ホール

①10:30~ ②14:00~

11月16日(土)

 深谷市民文化会館 小ホール

①10:30~ ②13:30~

 

映画かいけつゾロリ だ・だ・だ・だいぼうけん!

ゾロリと相棒のイシシ、ノシシは、海賊が財宝を隠したという伝説のガパール山を目指し、山の麓のガパパ村にやってくる。しかし、その村では子どもたちの間に「しましま病」という伝染病が流行しており、病気を治す薬を作るには、山にある「パープルストーン」と「ぴっかりごけ」が必要だった。財宝と一緒に、村の美少女アリウスのハートもいただいてしまおうと考えたゾロリは、薬の材料をとりにガパール山に入るが……。

 

原作/原ゆたか 脚本/もりたけし 監督/岩崎知子 監修/芝山努
声の出演/山寺宏一 愛河里花子 くまいもとこ 林原めぐみ 他

 

と き

ところ

じかん

 7月28日(日)

 さいたま芸術劇場 映像ホール

①10:00~ ②13:00~ ③15:00~

 

各地域のお問い合せ、チケットのお申し込みは、

埼玉映画文化協会

℡048‐822‐7428

まで、お願いいたします